運転中の背中の汗対策は大切!

夏場の暑い日や、冬場でも暖房をしっかり効かせた車内などでは、汗をかきやすくなりますよね。

そんな状況の中で、特に汗をかきやすい部分といえば、背中部分です。
車の座席の背もたれと密着状態になる背中には、汗をたっぷりとかいてしまいますよね。
そんな車の運転中の背中の汗は、しっかり対策しておかないと、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

背中に汗をかき、密着した状態になることで蒸れ、雑菌が発生しやすい状態になったり、皮膚がふやけて毛穴が詰まり、皮膚呼吸が妨げられたり・・・

そのような状態が続くことによって、背中はとっても過酷な肌環境となり、ニキビなどが発生しやすい状態になってしまうのです。

では、運転中の背中の汗は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

車内の温度を上げ過ぎないことが大切です。
夏場はクーラーをかけるなどして汗をかかない快適な温度に設定し、冬場も過度の暖房を避けるようにしましょう。

それから、できるだけ背中の通気性を良くすることも大切です。
短距離の運転なら、できるだけ背もたれにもたれずに、姿勢を正して運転するように心がけてください。
姿勢が良くなればスタイルアップ効果もありますし、背中の蒸れを防ぐこともできるので一石二鳥です。

背もたれにもたれることによって、ますます背中の皮膚を圧迫して、背中の皮膚状態を悪化させることにもつながりますので、できるだけもたれない状態を作ることが大切なのです。

さらに、もし背中にたくさんの汗をかいてしまった場合には、すぐに拭いたり、着替えるなどして、清潔に保つ工夫をしましょう。

特に汗っかきな人は、背中にあらかじめタオルなんかを挟んでおけば、汗をしっかり吸収できますし、着替えなくてもタオルを取り出せば清潔にできるので便利です。

運転中の背中の汗対策は、ちょっとしたことかもしれませんが、毎日の積み重ねで、必ず肌に変化が現れます。
小さな事からしっかり気を付けることで、肌状態を健やかにでき、美しい背中を手に入れることができますよ。

ジュエルレイン