異常な背中の汗は病気の可能性あり!?

背中は汗をかきやすい場所ですよね。夏場は汗を掻きやすく、憂鬱に思う方も多いと思います。

しかし、汗をかく事は汗を蒸発させ熱を逃がし体温を下げるための重要な体の機能です。特に背中は表面積が広く大切な臓器の裏側に位置するため、汗を多く掻く場所だと言われています。

それでも背中が毎回水浸しになるくらいの異常な量の汗掻いたり、急に汗の量が増えたりした場合は注意が必要です。

多汗症・甲状腺機能亢進症等の病気の可能性

皮膚には外気温を、脳には体内の温度を感じるセンサーがあります。この二つのセンサーからの情報で体の温度を下げる必要があれば、脳は自律神経の一つである交感神経の働きを活発にし、汗腺からの発汗を促します。暑くなるほど体温を下げるために大量の汗をかきます。また日頃から運動をするなど汗をかく習慣がある人は、発汗しやすいと言われています。

このような仕組みからでなく、背中がびしょ濡れになるほど異常な量の汗を掻く人がいます。沢山汗を掻く症状を「多汗症」と言います。背中の異常な汗は、病気や不調のサインのことが少なくありません。

代表的なものは、「甲状腺機能亢進症」です。バセドウ病と呼ばれる病気で、体内の代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。代謝が高まることにより、異常な量の汗を掻くようになります。他にも動機や体重減少が表れます。

他にも、ホルモン分泌を司る副腎や脳下垂体などの臓器の腫瘍でも異常な汗を掻く症状が現れることがあります。

また、更年期でも発汗が増えると言われています。発汗を抑える作業がある女性ホルモンが減るため、汗をかきやすくなり、特に上半身の局所的にドッと汗をかくホットフラッシュに悩まされる女性も多いと思います。

糖尿病も背中に異常な量の汗を掻く症状が現れます。

寝ている間に異常な量の汗を掻く場合は、白血病や結核の可能性があります。特に、ミネラル分が多いベタベタした汗を掻く場合は注意が必要です。通常寝汗は、体温を下げるため寝入りばなに掻くことが多いです。しかし、一晩中汗腺から漏れ出すように異常な量の汗を掻く場合は、微熱がある可能性が高いです。

他にも緊張やストレスを感じた時に異常な量の汗を掻く場合があります。これは「精神性発汗」と言われるもので、ストレスにより交感神経が過剰に反応するために起こります。

貴方の異常な汗の量は大丈夫ですか

背中の異常な量の汗は病気のサインの場合があります。多汗の他に症状がないか注意し、異常な量の汗が続いたり気になる症状が併発したりする場合は、病院に相談するようにしてください。

ジュエルレイン