赤ちゃんの背中の汗の対処はしっかりしよう!

赤ちゃんのあせもでお悩みのお母さんは多いと思います。

赤ちゃんはとても汗っかきです。赤ちゃんの体は小さくても汗腺の数は大人と同じ数だけあると言われています。

また、赤ちゃんはとても代謝が活発です。代謝が活発だと体温が高くなります。体が未熟な赤ちゃんは熱の調整を発汗でしかできません。そのため、大人の2~3倍もの汗をかくと言われています。また生まれたばかりの赤ちゃんは寝返りもできないため、放っておくと背中に熱がこもりぐっしょり濡れてしまうことがあります。

汗が原因であせもにならないように予防する

あせもは、汗腺の中に汗がたまり炎症をおこしている状態です。あせもの予防には、汗腺の出口をふさがないように肌を清潔にしておくことが大切です。ぬれたガーゼやタオルなどの柔らかい布でこまめにふき取ったり、シャワーで洗い流したりすることが有効です。一般的に快適な気温は、20~24度、湿度50%以下と言われています。また、赤ちゃんは大人より一枚薄着なくらいが丁度よいと言われています。エアコンを上手に使い、汗をかかせすぎないように工夫したり、汗を吸収しやすい素材の服を着せたりして汗を長く肌にとどまらせないようにしてください。汗をかいたらすぐに着替えさせることも大切です。布団の上にバスタオルを敷くと、汗を効率よく吸い取ってくれます。また寒い季節も注意が必要です。暖房しすぎたり厚着させすぎたりすると、冬場でも汗を多くかいてしまいます。屋外と室内で脱ぎ着をし、調整することをお勧めします。

赤ちゃんがあせもになってしまった後の対処法

あせもは、最初汗をかきやすい場所に赤いプツプツができます。あせもの初期の段階ならば、シャワーなどで汗を洗い流し、涼しい部屋で過ごすとすぐひいていきます。

赤ちゃんがあせもを痒がるようになったり、炎症を起こしたりした場合は、病院で治療を受けるようにしてください。程度が軽い場合は、非ステロイド系の薬を処方されると思います。症状が強いとステロイド外用薬を使用することになると思います。ステロイドと聞くと怖いと思うお母さんも少なくはないかと思います。しかし、ステロイドは適切な強さを適切に使用すれば、安全で有効な薬だと言えます。あせもをそのまま放置すると、寝ている間に無意識に掻き壊し、とびひに悪化する事があります。そうなる前に、ステロイドで早く治す必要があります。症状がひどい場合は、他にも抗生物質などの飲み薬を併用する場合があります。薬を使用すると1週間程度で症状が落ち着くと言われています。傷跡を残さないためにも、治療は早めに行うことをお勧めします。

赤ちゃんのあせもは予防が一番大切だと言われています。汗のケアを適切に行い、あせもが発生しにくい状況を作ってあげてください。

ジュエルレイン