痛いと背中の汗で痛みを感じたら皮膚病の可能性がある

通常背中に汗を掻いても痛みを感じることはありません。背中の汗がしみるような場合はアトピー性皮膚炎やコリン性蕁麻疹の可能性があります。

汗とアトピーの痛みの関係性

アトピー性皮膚炎は痒みの強い湿疹が現れる皮膚病です。患部を掻いてしまうことにより炎症を起こしていることが多いです。そこに汗がしみて痛みが現れます。その刺激が新たな痒みを引き起こしているように感じる事もあります。

そのため、アトピーの人は汗を掻くことを嫌がることが多いのですが、実は汗を掻かないことの方がアトピーを悪化させる可能性が高いと言われています。アトピーの人の場合、額と背中の発汗量が少ないです。アトピー肌の皮膚は、角質層の水分が不足しています。アトピーの方は、皮膚からの水分蒸発力が多く、角質層の水分量が少なく、うるおいを与える角質のセラミド成分が少ないという特徴があります。この状態は、肌のバリア機能が弱まっていることを意味します。

汗を掻くことにより、角質層に十分な水分を与えることになり、肌のバリア機能が高める効果が期待できます。また、汗には免疫グロブリンや抗菌ペプチドが含まれています。

そのため、細菌などから肌を守るといわれています。汗を掻くことにより、体内温度や皮膚温度を下げる働きがあります。皮膚温度が高いと炎症が悪化しやすく、痒みを強く感じるため、皮膚温度が下げることはとても大切です。このように、汗はアトピーの方にとって重要なものだと言えます。アトピーの方は元々汗を掻きにくい体質の上に、汗を掻こうと運動や入浴を行うと皮膚温度が上がり痒みを引き起こすことがあります。

しかし、汗を掻き続けているうちに皮膚にうるおいが戻り、痒みが解消されていくと言われています。いきなり激しい運動や、暑いお風呂に入ることは体内に熱がこもってしまうなど逆効果の事が多いです。軽い運動やぬるめのお風呂で少しずつ汗を掻く事に慣れる事をお勧めします。

コリン性蕁麻疹が原因で痛みが現れることもある

コリン性蕁麻疹は、汗を掻くと背中や関節に痒みの強い発疹が現れます。発疹は1~2ミリと通常の蕁麻疹に比べ小さいことが多く、痒みやピリピリとした痛みが現れます。また痒みと共に、腹痛や下痢、低血圧などの症状が現れることが多いです。

発症時間は数分~30分で、長くても数時間で消えます。蕁麻疹を引き起こす原因物質は汗のため、汗を避けることが予防に繋がると言われています。

コリン性蕁麻疹は他の蕁麻疹と同様、抗ヒスタミン剤の内服や注射を行いますが、他の蕁麻疹よりも抵抗性があり効果が表れにくいです。また、抗ヒスタミン剤は対処療法のため、汗の刺激で再発する可能性が高いです。

そこで、あえて汗に触れることで体を汗に慣らさせるための「減感作療法」の方が根本的な治療として取り入れることがあります。最初は、汗を掻くことにより痒みや痛みを帯びた蕁麻疹が発生しますが、徐々に汗に体が慣れ蕁麻疹が起きにくくなると言われています。

治療には医師の診断を受けましょう

アトピーもコリン性蕁麻疹も病院で治療が必要な病気です。医師と話し合い納得の行く治療を行うようにしてください。

ジュエルレイン