腕や背中にもぶつぶつができる!

二の腕や背中のぶつぶつに悩まされている方は少なくないと思います。
特に、夏場は腕を出す機会が多いため、腕のぶつぶつが気になるかと思います。このぶつぶつは何なのでしょうか。

ぶつぶつはなぜ出来る?

ニキビは体中どこにでもできます。背中は顔と同じくらい皮脂腺が多い場所のため、背中はニキビができやすい場所だと言われています。ニキビの原因は皮脂腺のつまりです。シャンプーやトリートメントの残りや汗がニキビの原因になることがあります。

また、乾燥により、肌が水分不足を補うために皮脂を分泌させ、この過剰な皮脂が原因でニキビが発生することがあります。他にも、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因の場合もあります。背中ニキビの原因を取り除くことにより、背中ニキビは治ります。

腕にもニキビができる事がある

あまり知られていないのですが、腕にもニキビができることがあります。腕ニキビは、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因の場合が多いです。他にも、肌に合わない化粧品の使用や、不潔な服が原因の場合もあります。

ペットを飼っている場合、ペットについているノミが原因でニキビが発生する場合があります。腕ニキビは、ストレス解消やホルモンバランスを整えることにより治ります。また、腕が振れる場所を生活に保つ事が大切です。

ニキビ以外に毛孔性苔癬の可能性

背中や二の腕のぶつぶつは、ニキビ以外にも毛孔性苔癬という遺伝性の皮膚病の場合があります。

毛孔性苔癬は、両親の片方が発症していると子供にも遺伝する可能性が高いと言われています。毛孔性苔癬は、古くなった角質が毛穴に詰まる事が原因で発生します。毛孔性苔癬は、二の腕や太ももの外側、背中、お尻などに発生しやすいと言われています。

赤みのあるぶつぶつが出来ます。かゆみを伴う時があるのですが、痛みはあまりありません。乾燥肌の人や、アトピー性皮膚炎の人がなりやすいと言われています。毛孔性苔癬は、古い角質が毛穴につまることが原因のため、ピーリングで古い角質を取り除くことが有効です。

また、サリチル酸ワセリンや、ビタミンA軟膏、尿素軟膏などの塗り薬で治ります。

他にも、レーザー治療も有効です。
ピーリングや塗り薬は表面の肌の治療で、毛孔性苔癬そのものを治療することはできません。レーザーを照射することにより、皮膚を深部から入れ替えることができるため、凸凹も赤みや色素沈着もなくなり、ツルツルの肌になると言われています。

セルフケアでも治らない場合は皮膚科に行こう

腕や背中のぶつぶつが、ニキビなのか毛孔性苔癬なのか判断がつかなかったり、セルフケアでなかなか治らなかったりする場合は、皮膚科に相談してみてください。皮膚科で、症状にあった治療を提案してもらう事により、安全に効率よく治すことができるはずです。

ジュエルレイン