背中のぶつぶつでかゆくないのは何の病気?

背中にぶつぶつが出来てしまった場合、何らかの病気にかかっていますので、
皮膚科を受診して適切な治療を受けられることが何より大切です。

背中のぶつぶつでかゆみを伴うものは、湿疹、皮膚炎の場合が多いです。
湿疹、皮膚炎の原因はほとんどが皮膚に付いた物質が自分に合わなかったときや、
食べた物が自分の体質に合わなかったときに起こります。
このようなかゆみを伴うぶつぶつは、早急に皮膚科で治療してもらうべきです。

それに対してかゆみを伴わないものは、汗疹か、アレルギーからくる丘疹が
考えられます。汗疹はその名のとおり、汗を大量にかいたことによって、汗を出すための
汗管という通り道が詰まり、皮膚の中に汗が溜まってしまって膨らみ、それがブツブツに
なったものです。かゆみが伴わないのであれば軽症ですので、汗をかくたびにふき取るように
心がけていればすぐに治ります。

アレルギーからくる丘疹の場合は、アレルギーが出る食べ物を避けて、衣服や
シャンプー、石鹸なども刺激の少ないものを選ぶようにします。

かゆみのあるぶつぶつ、かゆみのないぶつぶつのどちらにも共通して言えるのが、
肌を清潔な状態に保つことが予防につながるということです。

ジュエルレイン