背中の吹き出物の臭い

思春期にニキビに悩まされた方は、多くおられると思います。
これは思春期にはホルモンバランスが安定しないため、皮脂の分泌量が過剰になって、
毛穴の出口が狭くなった箇所にその皮脂が溜まり、細菌が繁殖する温床になったために出来るものです。

ですが、成人したあとはホルモンバランスも安定していきますから、
徐々にニキビも出来なくなっていきます。しかし、皮膚が新しく生まれ変わる作用(ターンオーバー
といいます)がうまくいかないために皮脂が毛穴に溜まってしまったり、
ストレスや脂質の多い食生活の常態化によって皮脂分泌が過剰になり、
成人後もニキビが出来る場合があります。これが俗に吹き出物と呼ばれるものです。

吹き出物の中には、毛穴に詰まって栓となり、なかに皮脂を閉じ込めてしまう、
皮脂と老廃物が合わさって出来た白い塊があります。これをコメドと呼び、
コメドは皮脂と皮膚の古い細胞が合わさったものですから、不快なにおいを発します。

また、吹き出物以外にも、皮膚の下に袋状の空間が出来て、そこに垢などの
老廃物が溜まって皮膚が盛り上がった状態になる粉瘤という症状もあり、
この場合も中に詰まったものは臭いを発します。

このように、背中の吹き出物は見た目の美しさを損なうだけではなく、においも発することがあるので、
早めに皮膚科に行くなどして対策をとられることをお勧めします。

ジュエルレイン