背中の吹き出物は痛みを伴うことがある

思春期にニキビに悩まされた方は、多くおられると思います。
これは思春期にはホルモンバランスが安定しないため、皮脂の分泌量が過剰になって、
毛穴の出口が狭くなった箇所にその皮脂が溜まり、細菌が繁殖する温床になったために出来るものです。

ですが、成人したあとはホルモンバランスも安定していきますから、徐々にニキビも出来なくなっていきます。
しかし、皮膚が新しく生まれ変わる作用(ターンオーバーといいます)がうまくいかないために皮脂が毛穴に溜まってしまったり、ストレスや脂質の多い食生活の常態化によって皮脂分泌が過剰になり、成人後もニキビが出来る場合があります。
これが俗に吹き出物と呼ばれるものです。

背中の吹き出物にも軽度のものから重度のものまであり、
軽度のものなら痛みなどはありませんが、重度のものになると患部は赤くはれ上がり、
痛みを伴うようになります。これは、軽度のものは毛穴に脂の栓ができて、その下に
皮脂がたまって膨らんだだけであるのに対し、重度になるとそこに細菌が繁殖し、
毛穴の中の細胞に炎症が起きるためです。

痛みのある吹き出物が背中に出来た場合は、自分で潰したりせずに、皮膚科を受診して
適切な治療を施してもらいましょう。

ジュエルレイン