背中の吹き出物は病気です

思春期にニキビに悩まされた方は、多くおられると思います。
これは思春期にはホルモンバランスが安定しないため、皮脂の分泌量が過剰になって、
毛穴の出口が狭くなった箇所にその皮脂が溜まり、細菌が繁殖する温床になったために出来るものです。

ですが、成人したあとはホルモンバランスも安定していきますから、
徐々にニキビも出来なくなっていきます。しかし、皮膚が新しく生まれ変わる作用(ターンオーバーといいます)がうまくいかないために皮脂が毛穴に溜まってしまったり、
ストレスや脂質の多い食生活の常態化によって皮脂分泌が過剰になり、
成人後もニキビが出来る場合があります。これが俗に吹き出物と呼ばれるものです。

吹き出物は医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と
呼ぶ、れっきとした皮膚の病気ですから、数が多く出来たり、
痛みが伴うものであれば、我慢せずに皮膚科の先生に診てもらいましょう。

背中は皮脂の分泌量が多いため、吹き出物ができやすいのです。
また、吹き出物は生理不順や胃腸障害、ストレスに起因していることもあり、
これらは吹き出物以外の病気を誘発するおそれもありますから、
吹き出物が出来たことを体からのSOSのサインだと思って、それらの体の異常に対するケアを行うのも大切なことです。

ジュエルレイン