背中の吹き出物の代表的な薬は硫黄のローション

思春期にニキビに悩まされた方は、多くおられると思います。
これは思春期にはホルモンバランスが安定しないため、皮脂の分泌量が過剰になって、
毛穴の出口が狭くなった箇所にその皮脂が溜まり、細菌が繁殖する温床になったために
出来るものです。

ですが、成人したあとはホルモンバランスも安定していきますから、
徐々にニキビも出来なくなっていきます。しかし、皮膚が新しく生まれ変わる作用(ターンオーバー
といいます)がうまくいかないために皮脂が毛穴に溜まってしまったり、
ストレスや脂質の多い食生活の常態化によって皮脂分泌が過剰になり、
成人後もニキビが出来る場合があります。これが俗に吹き出物と呼ばれるものです。

吹き出物を治すために皮膚科を受診したとき、塗り薬や飲み薬を処方されることがあります。
塗り薬で代表的なものは、硫黄のローションです。これは毛穴の皮脂のつまりを
改善する効果があります。硫黄に対して肌が合わない方には、別の塗り薬が処方されます。

吹き出物の中で繁殖している細菌に対して、体の中から対抗するために、抗生物質を内服する場合もあります。

いずれにせよ、吹き出物の対策に薬を使用する場合は、医師の指示に従って正しい使い方をしましょう。

ジュエルレイン