汚く見える背中の黒ずみが出来る原因

背中の黒ずみにお悩みの方は多いかと思います。背中は自分では見えなくても、他人からは見えやすい場所になるため、特に夏場は背中の黒ずみにお悩みの方は多いと思います。

背中の黒ずみの正体は、毛穴の黒ずみや、ニキビの跡、あせもの跡、アトピーの跡、日焼けの跡など様々です。背中は広いため、複数の原因で黒ずみが起きている場合もあります。

毛穴の黒ずみ

背中は皮脂が多く分泌される場所です。そのため、背中の毛穴に皮脂や汚れがたまりやすく、それが酸化し角栓になります。これが毛穴の黒ずみの原因です。毛穴の黒ずみを放置すると背中ニキビに発展します。背中に黒ゴマが付いているようなものが見られたら、黒ニキビです。黒ニキビが炎症を起こすと赤ニキビになります。赤ニキビはニキビ跡になりやすく、ニキビ跡は色素沈着を起こすため、背中の黒ずみの原因になります。

皮膚疾患による色素沈着

他にも、あせもやアトピーなどの皮膚疾患により色素沈着を起こすことがあります。特に、かゆみにより皮膚をかきむしると、色素沈着が悪化すると言われています。

日焼け、ターンオーバーの乱れ

また、背中は衣服を着ていても紫外線の影響を受けやすい場所と言われています。特に紫外線が強い夏場は、気が付かないうちに背中が日焼けしている事があります。通常ターンオーバーが正常であれば、古い肌組織が再生、修復され、段々黒ずみは薄くなり元の白い肌に戻ります。しかし、睡眠不足やストレスなどを受けていると肌のターンオーバー能力を低下させるため、いつまでも日焼けが残っていたりシミになったりしてしまいます。ホルモンバランスの影響により、シミができやすくなると言われています。生理前や妊娠中、ピル服用時などは、女性ホルモンの影響でメラニン色素が増えやすいと言われています。

原因に対するケアが大切

背中の黒ずみを治すためには、原因と症状にあったケアをすることが大切です。

ニキビ跡のような炎症後に色素沈着を起こしている場合は、美白ケアが有効です。ビタミンC導入やハイドロキノン成分が含まれている美白ケアの化粧品が有効です。特に、表面性の色素沈着で境界線があいまいのモヤモヤしたシミには、美白成分の化粧品でケアする事が効果的だと言われています。逆に、はっきりした濃いシミには、フォトフェイシャルなどの光のエネルギーを利用して行う治療が向いていると言われています。他にも背中に多く色素沈着を起こしている場合や、全体的にくすんでいる場合は、レーザー照射が向いていると言われています。

ピーリングも黒ずみを解消するのに効果的だと言われています。古い角質を除去することにより、毛穴の詰まりを取り除くことができます。また、ターンオーバーを正常にする効果があるため、日焼けなどの表皮に沈着した黒ずみを解消する効果が期待できます。美白ケアと共にピーリングを合わせて行うと更に効果が期待できると言われています。

また、保湿も大切です。ニキビの予防や改善のため、または黒ずみを除去しようと背中をゴシゴシ洗う事は逆効果です。皮脂を落としすぎてしまうと、肌は水分を補うために皮脂を分泌します。この皮脂が毛穴につまり、黒ずみの原因になったりニキビの原因になったりします。ナイロンタオルでゴシゴシ擦るようなことは避けてください。乾燥した肌は、ターンオーバーが乱れ古い角質が肌の上に残りやすくなります。古い角質が毛穴につまり黒ずみやニキビの原因になります。化粧水などで保湿ケアをすることをお勧めします。

背中の黒ずみは様々な原因で起こり有効な対処法も様々です。また背中は自分でケアするのが難しい場所です。なかなか黒ずみが解消しなかったり、ニキビやあせもなどの皮膚疾患が治らなかったりする場合は、皮膚科に相談することをお勧めします。

ジュエルレイン