背中のニキビの原因は大きく3つ

背中のニキビの原因は、食生活と衛生状態、そしてホルモンバランスの乱れです。
では、なぜそれらが背中ニキビの原因となるのかを見ていきましょう。

毛穴からは常に脂が分泌されており、適度なうるおいを肌に保ち、
細菌から皮膚を守る働きをしています。しかし、この脂が過剰に分泌されると、
毛穴が詰まった場合に急速に毛穴の中に皮脂が溜まります。
そうして皮膚にふくらみができたものを、いわゆる黒にきびとか、白にきびと呼びます。

黒にきびや白にきびが治らずに、そのまま進行していくと、
そこがニキビの原因菌の温床になってしまうため、毛穴に炎症を起こして赤く腫れてしまい、
痛みを伴うようになります。

このように、毛穴が詰まったときにもすぐに皮脂が溜まるほど、たくさんの皮脂が分泌されている状態というのは、
それだけにきびが出来やすい状態なのです。

これが正常な量の皮脂ならば、毛穴が例え少し詰まっても、そこに皮脂が溜まって膨れ上がる前に
クレンジングなどで毛穴のつまりが解消され、にきびにはならないですむ可能性が高くなります。
それだけ、皮脂の量はにきびのできやすさと密接にかかわっているのです。

ですので、ホルモンバランスを整えて、皮脂の過剰分泌に陥らないようにするために、
ストレスの解消や適度な運動、栄養バランスの取れた食事が重要になります。

ジュエルレイン