乾燥が原因で背中ニキビが出来る

背中ニキビにお悩みの方は少なくないと思います。背中は顔と同じくらい皮脂線の数があると言われています。その皮脂線が詰まることにより発生すると言われています。

また、シャンプーやトリートメントの残りが毛穴に詰まることは背中ニキビの原因になっていることが多いと聞いたことがあるかもしれません。そのため、余計な皮脂や、シャンプー・トリートメントを取り除こうと、背中を一生懸命洗っている方もいるのではないでしょうか?背中をよく洗う事はとても効果があります。でも、ゴシゴシ洗ってはいませんか?必要以上に洗ってはいませんか?実は、洗い過ぎは背中ニキビに逆効果なのですよ。背中の皮脂を一生懸命取り除こうと洗いすぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまうと、背中の乾燥に繋がります。

乾燥は、背中ニキビに繋がるのですよ。

過剰な皮脂分泌の見分け方と対処法

ニキビは皮脂が原因と言われているため、乾燥がニキビの原因だと言われてもピンと来ないかもしれません。また、実際背中を触られてみて、ベタベタとした皮脂を感じられる場合、過剰な皮脂分泌が原因だと思うかもしれません。でも、それも洗い過ぎなどによる背中の乾燥が原因の場合も多いです。肌が乾燥すると、水分を守るために皮脂分泌が過剰になるそうです。

また、肌が乾燥すると、角質が厚くなり毛穴が塞がりやすくなるそうです。洗いすぎると、逆に皮脂を分泌することに繋がり、毛穴に詰まりやすい状態になり、そして、その皮脂が気になり更に一生懸命洗うと、更に乾燥が進む・・・という負のスパイラルに落ちかねません。体を洗う時は、ボディーソープで優しく丁寧に洗うだけで十分です。洗浄力の強いボディーソープでゴシゴシ一生懸命洗う必要はありません。適度に皮脂を残すことは大切です。また、乾燥が気になる場合は、化粧水で保湿するようにしましょう。さらっとしたタイプの化粧水で十分です。

また背中は自分では塗りにくい場所のため、下向きでもスプレーできるタイプが便利です。また、乾燥は良くないと高保湿のクリームを使用するのは逆効果です。毛穴の詰まりに繋がり、ニキビの原因になってしまいますよ。

 エアコンによる乾燥も要注意

また、洗い過ぎの他にも、エアコンで乾燥する場合もあります。オフィスで、夏場はクーラー、冬場は暖房と一年中エアコンの風に当たる生活をしている人も多いと思います。そのような人は、お顔の手入れのついでに余った化粧水を背中にも塗るなど、背中の保湿に気を使うようにしてください。

ジュエルレイン