背中のニキビ跡の治療には皮膚科

ニキビが一度出来てしまうと、そのニキビが治っても、お肌にニキビの跡が残ってしまうことがあります。

一口にニキビ跡といっても、ニキビの跡がデコボコのクレーター状になってしまった場合や、
ニキビのあった部分に残る皮膚の赤み、ニキビの跡が茶色っぽいシミになって残る色素沈着、
さらにはニキビのあった部分が回復する過程で、コラーゲンが生成されすぎたことによる
ケロイドなどといった珍しい例もあります。

ニキビの跡を消すことは、個人の工夫では難しいものです。化粧品の使用や、
運動で代謝を活発にすることくらいしか出来ないのではないでしょうか。

それに対して、皮膚科での専門的な治療を受ければ、確実に効果のあるニキビ跡対策が
出来ます。皮膚科での治療は保険対象内のものと、保険対象外のものの2種類があり、
保険対象内の治療は主に抗生物質やビタミン剤の投与で体の中からニキビ跡を治しやすくする
環境を作るもので、保険対象外のものは、酸を皮膚に塗ってニキビ跡の部分に刺激を与えて
新しい皮膚に生まれ変わるのを促すピーリングと呼ばれるものがあります。

最近ではさらに、ビタミンA酸誘導体という薬を外用し、さらに治療の効果を高めているようです。

ジュエルレイン