赤ちゃんの背中の湿疹の症状は何?

赤ちゃんの背中の湿疹にお悩みのお母さんは多いと思います。
赤ちゃんは湿疹ができやすいです。乳児湿疹という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。赤ちゃんの顔や体にできる、カサカサするものやベタベタするもの、ジュクジュクするもの全て乳児湿疹と呼びます。

乳児湿疹の原因は、皮脂分泌が多かったり、逆に乾燥していたり、衣服やガーゼがすれる刺激だったりと様々です。赤ちゃんに湿疹ができると、アトピー性皮膚炎を心配される方は多いと思いますが、湿疹ができたからといって必ずしもアトピーであるとは限りません。注意深く症状を観察し、適切な処置をする事が大切です。

乳児湿疹は正しいケアが大切

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験します。湿疹の症状を悪化させない為にも、正しいケアをすることが大切です。赤ちゃんはとても汗っかきで、特に低月齢の頃は皮脂の分泌が多いです。お風呂では必ず石鹸を使用し、よく泡を立てて泡で汚れを包み込むように洗いましょう。赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、ゴシゴシこするのは良くありません。

赤ちゃんの肌に合っていない石鹸を使用するとその刺激が湿疹を発症させる事があります。赤ちゃん用の低刺激な石鹸を使用することをお勧めします。また、すすぎ残しも良くありません。きちんと洗い流すようにしてください。

石鹸で洗った後は、ベビーローションやクリームで保湿してください。乾燥が原因で湿疹を発症させることがあります。低刺激、弱酸性、無添加、無着色、無香料、ノンアルコール、天然成分で作られているベビーローションをお勧めします。

また、汗をかいた時は、ガーゼやタオルで拭き取る様にしてください。汗の刺激で湿疹を発症することがあります。汗をそのままにしておくと、汗腺がつまりあせもの原因にもなります。赤ちゃんは寝ている事が多いため特に背中は汗がたまりやすい場所です。汗をかいたらこまめに拭き取ったり着替えたりするようにしましょう。湿疹が酷い時は、朝起きたら濡らしたガーゼで背中を拭くと良いでしょう。

湿疹は痒みが強い事が多いです。湿疹は大人でも掻き壊してしまう事が多いです。赤ちゃんが掻かない様防ぐことは難しいので、引っ掻いても傷がつきにくいよう、爪を短く丸く切るようにしましょう。

ケアしたが湿疹が続き痒いようであればアトピー性皮膚炎の可能性あり

背中を清潔にし、保湿に気をつけていても湿疹が2ヶ月以上続き、赤ちゃんがひどく痒がるようであれば、アトピー性皮膚炎を疑ってください。

アトピー性皮膚炎は、肌がカサカサになり、湿疹ができます。ひどくなると、赤くジュクジュクした状態になります。とても痒みが強いため、掻きむしり傷だらけになる事も珍しくありません。アトピーの湿疹が出る場所は、顔、頭、首が圧倒的に多く、次にひじやひざの内側や胸、背中など全身に広がって行きます。

アトピーはアレルギーが原因で起こる皮膚炎です。赤ちゃんの場合、ほとんどが食べ物だと言われています。卵や牛乳が原因の事が多いです。幼児期になると、食べ物以外にも、ダニやハウスダスト、皮膚からの接触により体内に入るものが原因になります。

医師と相談し、アレルギーを起こしている原因を特定するようにしてください。

中程度より重い症状の場合は、原因となる食べ物を除去する治療を行う場合がありますが、親の勝手な思い込みで食べ物を除去するような事はやめてください。卵や牛乳がアレルギー源だとしても、卵や牛乳はとても良質なたんぱく源でもあります。アトピー性皮膚炎が良くなったとしても、栄養失調になってしまっては意味がありません。医師の指導に従って治療を行うようにしてください。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚の水分が失われカサカサになります。この症状を和らげる為に保湿剤などの軟膏を使用します。

症状によっては、炎症を抑えるためにステロイド剤を使用することがあります。ステロイドというと怖いイメージから敬遠するお母さんも少なくないです。

しかし、ステロイド剤はアトピー性皮膚炎の湿疹にとても有効な薬で、医師も副作用を十分注意しています。ステロイドの使用を必要以上に心配しないようにしましょう。塗り薬は沢山つければ良くなるものではありません。必ずよくのばしてうすくぬる様にしてください。こすらず、優しくぬる様にしてください。

アトピー性皮膚炎は短時間で治りません。信頼できる医師を見つけ、根気強く治療する必要があります。不安や心配なことは何でも相談できる、相性が合う腕の良い医師を見つける事が一番の治療の近道なのかもしれません。

ジュエルレイン