産後に背中に湿疹が出来ました

産後の湿疹は、妊娠性湿疹と呼ばれ大体は産後の一月程度で治ると言われています。妊娠をきっかけにアトピーになる人も最近では多くなりました。
妊娠すると女性の体は赤ちゃんを育てる為に変化します。そのために喘息持ちの人は酷くなったり、肌の弱い人は過敏になったりもします。妊娠中は肌が過敏になりやすく、女性ホルモンの変化が肌に大きな影響を与えるのです。

一番多いのは、妊娠性痒疹と言われるもので、お腹や背中に細かい湿疹が出てきます。人によっては全身に広がる場合もありますが、見た目はアトピーのように痒みが強く盛り上がったようなものが多くなります。
水疱瘡のように水疱が現れるのはホルモンの変化によるものですが、アトピー持ちの人は合併症のような状態になり赤く腫れ上がってしまう事もあるようです。

妊娠中に一番多いのは、蕁麻疹のような湿疹で初めての妊娠時に多く見られます。こちらはお腹回りに出来やすいのですが、落ち着けば直ぐに治るのでかいたりして広がらないようにしましょう。

妊娠は、女性にとって喜びであると共に体にもう一つの命を宿す事で体がストレスを感じてしまいます。出産すると自然に湿疹は消えますが、子育てのストレスで悪化する事も暫しです。妊娠中は内服薬は利用できません。産婦人科で漢方を処方してくれますので、担当の医師に相談をしましょう。

塗り薬としては抗ヒスタミン薬を使用しますが抵抗のある人は、毎日のスキンケアで肌を清潔にしておきます。シャワーだけでも効果があるので、無理に入浴しなくても平気です。鉄分やビタミンCを多く摂るようにして体調を管理するのも一つですね。妊娠中は薬を飲んだり塗ったりする事があまり出来ませんからスキンケアで肌に保湿をしながら様子を見るのが大切です。湿疹がストレスになるようなら医師の診察を受けて相談しましょう。

ジュエルレイン