背中のかゆみは危険信号!背中にもヘルペスができる

背中に赤い湿疹がたくさん出来て痛みも出ているような状態になっていたら要注意です。

始めは小さなかゆみから始まるので気がつかないままでいるケースも多いのですが、痛みや赤みがひどくなってきたら帯状疱疹の疑いが強いと言える状態になってしまうのです。

帯状疱疹とはあまり聞きなれない病名だと思いますが、ヘルペスといえば分かるのではないでしょうか。
一般的にヘルペスと言えばほとんどの人は唇など口の周りにできる熱の華のようなものと言った認識でしかないかと思います。

ところが実際には口の周り以外でも首や胸に背中や性器にまでもヘルペスは発生することがあるのです。

ヘルペスの種類は細かくは何種類かに別れているのですが、帯状疱疹とよばれるものは重度なものになってくると神経までも冒してしまうほどの病気でもあるので注意が必要になると言えるのです。

ちょっとしたかゆみから始まってだんだんとそのかゆみとともに痛みが伴ってきて、赤い湿疹や疱疹が出来始めてきます。

この時点ですぐに医者に診断してもらうようにすることが大切です。ヘルペスの菌は誰しもが持っているとも言えるほど人の体内に潜んでいるとも言われています。
自分の免疫力が落ちた時などに発生しやすいので、普段から、免疫力をつけて栄養をしっかり取ることも心がける必要があると言えるのです。

ジュエルレイン