背中にマラセチア菌を繁殖させないために

背中に出来る湿疹やニキビなどの原因が実はマラセチア菌と言うカビの一種が原因となっている事があるのです。

このマラセチア菌という細菌は多くの人間の体に潜んでいるとも言われており、一定の条件があれば繁殖する細菌と言えるのです。その一定の条件とは汗をかいた際に出来る皮脂になります。マラセチア菌はこの皮脂が大好物で、皮脂をためて繁殖をしていくのです。

このマラセチア菌の繁殖が進んでしまうと湿疹やニキビと言った物が出来やすくなり、かゆみも増殖させる原因ともなっているのです。

マラセチア菌を繁殖させない為には、皮脂を作らない事です。

皮脂を作らない為には汗をかいたらすぐに処理をすることになります。

最近では汗をかいた際に使用するウエットティッシュなども多くあるので、そう言った物を上手に利用して皮脂が出来にくい環境を作る事が大切なのです。

ただ最近のオフィスなどに良くあるのですが、エアコンの効きすぎで汗をかいてもすぐにその汗が乾いてしまい、皮脂が出来ているにもかかわらず、それに気が付きにくい環境が多くあります。まずは自分で意識する事が大切で、皮脂を疲らせない事も大切ですが、汗をかいた場合の対処と言った事も意識して予防するようにしたいですね。

ジュエルレイン