マラセチア毛包炎は背中にも出来る

夏になると汗をかく量も増えてくることから、あせもや湿疹と言った量も増えてくるのではないでしょうか。胸や首周りに背中周りと言った場所に出来やすいといった人で、特に背中などに湿疹やニキビのような物が出来てなかなか治らないといった人は別の原因があるかも知れません。それはマラセチアという細菌が原因となっているかも知れないのです。

これはカビの一種である菌なのですが、正式にはマラセチア毛包炎と呼ばれる物なのですが、症状は湿疹やニキビが出来ている際とほとんど同じ状態で見分けを付けることは出来ないといえるでしょう。マラセチア毛包炎の疑いがある場合は皮膚科に言って塗り薬を処方してもらえば治すことができます。ただ素人判断で大丈夫だと思っていたり、湿疹だとばかり思っていてそのままにしておくと体のあらゆる場所に繁殖していく事もありえるので、長期化している湿疹などは要注意と言えるのです。

マラセチア菌が繁殖してしまう一番の要因は汗をかいた際に出てくる皮脂が原因とされています。またアトピー性皮膚炎を患っている人がこのマラセチア菌を併発するとより症状がひどくなる事も考えられるので、汗をかいた際はタオルなどで汗をすぐにふき、汗でぬれたシャツなども早めに着替えて、体を洗うことを忘れないようにする事が大切なのです。

ジュエルレイン