粉瘤が背中にできた場合何科を受診すべき?

ある日、背中にシコリのある出来物を発見した。と言う人は少なくないと思います。

皮膚表面に直径数ミリ~数センチのシコリが出来、半球体に盛り上がる、シコリを良く観察すると中央部に黒い穴がある、シコリから臭いの強いものが出てくる、なんて場合は、粉瘤の可能性が高いです。

粉瘤は、誰でも一度は発所すると言って良いくらい一般的な皮膚にできる良性の腫瘍です。

粉瘤とは

新陳代謝により外皮から剥がれ落ちた表皮細胞が、なんらかの理由で肌の奥の真皮層に入り込み袋状の壁を形成することがあります。

袋の中には本来赤として排出されるはずの老廃物が蓄積しシコリになります。袋の中に蓄積された老廃物は、ドロドロした粥状で臭いがあります。無理に押しつぶすと臭いの強い内容物が放出されることがあります。粉瘤は最初は小さいですが、時間と共に徐々に大きくなっていくことがあります。

また自分で内容物を絞ったりすることにより、細菌感染を起こし、赤く腫れ化膿し傷みを伴う事があります。背中の大きな瘤が気になったり、臭い内容物が出ることが気になったり、腫れて痛み強くなったりした場合、病院に行こうと考えると思います。いざ病院に行こうと思っても、何科を受診して良いのか分からないと思います。

診察は形成外科か皮膚科が一般的

粉瘤の治療は、形成外科や手術設備がある皮膚科で行う事が一般的です。自分で粉瘤だと思っていても実際は粉瘤でない場合もあるため、まずは皮膚科に相談することをお薦めします。

粉瘤の治療はどんなことをするの?

粉瘤の治療は、袋を除去する簡単な手術を受けることが多いです。

化膿をしている粉瘤の場合は、抗生物質を服用したり、患部を切開し膿を排出したりする処置を行います。化膿が落ち着いてから、袋を取り出す手術をうける事になります。粉瘤の周りに麻酔を打ち、袋を取り除き、縫合して終了です。

手術は、手術完備のある皮膚科や形成外科ならどこでも受けることができ、日帰りで行われます。医師から説明をきちんと聞き、納得してから手術をうけるようにしましょう。

最近ではくりぬき法という、小さな穴をあけてそこから袋を取り出す手術を行っている所もあります。縫合する必要がないため、傷跡が残りにくい手術だと言われています。

傷跡が気になる場合は、どのような方法で手術をするのか確認するようにしてください。

できるだけ早めの受診が大事

手術と言うと不安に思うかと思いますが、粉瘤は袋を取り除かない限り再発します。また、時間がたつにつれ大きくなり、炎症と化膿を繰り返すようになります。小さい段階では傷跡も小さく術後の痛みも少なくなります。炎症と化膿を繰り返していると、周囲の繊維化が進み袋だけを取り出すことが難しくなります。通常は簡単な手術のため、できるだけ早く皮膚科や形成外科を受診し、手術を受けることをお薦めします。

更に詳しく粉瘤について知ろう!(粉瘤をクリックすると参考サイトに飛びます。)

ジュエルレイン