しこりが背中にある!粉瘤の可能性あり

ある日、背中に何かしこりのようなものがある。と発見した事がある人は少なくないと思います。皮膚表面に直径数ミリ~数センチのしこりがあり半球状に盛り上がっている、よくみると中央部に黒い点がある、しこりから臭いのする分泌物がある、なんて症状がある場合は、粉瘤の可能性が高いです。

粉瘤ってどんな症状

粉瘤は誰でも一度は発症すると言って良いくらい一般的な皮膚にできる良性の腫瘍です。新陳代謝によって外皮から剥がれ落ちた表皮細胞が真皮層に入り込み、袋状の壁を形成することがあります。粉瘤の袋の中に本来は垢として排出されるはずの老廃物が蓄積し、おできのようなしこりになります。袋の中に蓄積された老廃物は、ドロドロした粥状で臭いがあります。無理に押しつぶすと中央の黒い開口部から体外に放出され、臭いを放ちます。大きな粉瘤になると、内容物の量が多く驚かれる方も多いそうです。無理やり絞り出すと粉瘤の外見上は小さくなるため、自分で絞ってしまう方は多いのですが、細菌感染の危険があるためお勧めできません。内容物を絞り出す際、開口部から細菌感染し、赤く腫れあがり痛みを伴います。袋の内部に膿が溜まることもあります。

また稀な症例ですが、化膿と炎症を繰り返した粉瘤の袋の壁から皮膚癌が発生することもあるそうです。粉瘤は、袋を取り除かない限り再発するものなので、早めに手術を行うことをお薦めします。

粉瘤の初期は化膿や炎症を起こすことが少ないため、放っておく事が多いです。時間がたつにつれ、徐々に大きくなりコブシ程のしこりになる場合もあるそうです。また化膿して炎症を起こした粉瘤は傷みを伴います。抗生剤を飲んだり、切開し膿を出したりする処置が必要になります。また一度化膿すると繰り返すこともよくあります。粉瘤が小さいうちに手術をすることにより、傷跡が小さく、術後の痛みも少なくなります。

長い間放っておいた粉瘤や、汗腺や炎症を繰り返していると、周囲の繊維化が進み袋だけ取り除くことが難しくなって来ると言われています。手術と言われると不安になりますが、なるべく早い段階で皮膚科や形成外科を受診し、手術を受けることをお薦めします。

粉瘤の手術の内容

粉瘤の手術は、日帰りで行われる簡単な手術です。粉瘤の袋の周りに局所麻酔を注射し、袋ごと取り出し、縫合して完了です。手術時間はよほど大きい物でない限り、30分ほどで終了します。手術後1週間で抜糸し、完了となります。粉瘤が化膿している状態では、手術で取り出すのが難しくなります。抗生物質を飲んだり切開したりして膿を取り出す処置が必要になります。化膿した粉瘤は腫れや傷みが強い場合がありますが、膿を出し切ると楽になります。しかし、袋を取り除いた訳ではない為、再発する可能性が高いです。化膿が落ち着いた後から、袋を除去する手術を受けることをお薦めします。

なぜ出来る?粉瘤の原因

粉瘤の原因は未だに明らかになっていません。皮膚への刺激による皮脂線の異常、ストレスによる免疫力の低下、解消によって皮膚内部に皮膚細胞が入りこんで定着する、生まれつき嚢胞を持っている、ニキビ跡やピアス後に発症する、と言う事がわかっています。ニキビ性の人や、大人の男性に発症しやすいとも言われています。

背中のしこりが粉瘤かも・・・と思う場合は、一度皮膚科か形成外科に相談することをお薦めします。

ジュエルレイン