貴方の背中がきれいじゃない理由

  • ホルモンバランスの崩れ
  • ビタミンC欠乏
  • シーツの不衛生

乾燥するから痒くなる。
症状の大半が痒みということで、背中が乾燥しているから
痒くなるわけで、乾燥しないように、クリームを塗ると
痒みは和らぎます。

どの皮膚疾患でもそうですが、痒みの原因は、ハウスダストや花粉、
アレルギー反応が強く出ている食べ物とか、動物、道に生えている雑草の
花粉が付着して起こるんですが、背中は露出していない限り、
花粉や雑草が原因ではないことがわかります。
しかし、手に付いた花粉やハウスダストが原因の事もあるわけです。
外出して帰ってきたらすぐ手洗いはアレルギー体質でない人でも
やってることですが。
甘いもの、辛い刺激物を摂ると痒みは増すので
痒い時は控える。

体を温めると痒みが増すので、通気性のいい衣類を着用する。
もちろん保湿クリームは、1日に数回塗ります。

使うクリームによって1日に使える回数が違うので説明書きを見て
決められた回数塗ること。

ビタミンC配合の保湿クリームがいいです。

毎日肌のお手入れをすれば軽減されますから怠らないようにします。

お肌のトラブルを回避させるためには、マメにケアをすることなので
保護して痒みを起こさないようにします。

夕べも姉がPTAの会合で留守だったので、小学生の甥と留守番していたんですが、背中が痒いと私に訴えてきました。
彼は汗をよく掻くので毛穴に皮脂が詰まったな・・と思いながらケアを
してあげました。

アトピーなので痒がることが多かったのですが、ケアを周りがマメにしているので以前と比べてずいぶん肌がきれいになりました。
ケアは大切だと思いました。

私も実はアレルギー体質で、過去に皮膚のトラブルを抱えていました。
しかし、ケアを念入りにしているので肌の状態は悪くないです。

予防にケアをする。これに尽きます。

お風呂上りは、体が温まるし、体を洗うと肌の水分が損なわれるので
特に痒くなりやすいんです。

タオルで体を拭いたら速攻、保湿する。

ボディシャンプーは、固形は使わない方がいいです。
私は、固形石鹸を触ると指がかさつくので使いません。

液体のボディシャンプーの方がいいです。

量はわずかでお湯で薄めて、よく泡立てて刷り込まないように
表面だけ洗うように軽く洗います。

と言っても一人ではボディを洗うタオルでしか、洗えないので
軽く表面だけ洗うのは無理なので、ボディ洗いのタオルを
力を入れないで素早く撫でるように洗ってください。

洗い流す時はよく洗い流してください。

ジュエルレイン